レンタル料の有料・無料

ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム

やはり災害に備えて、水はいつも貯めておきたいですし、すぐにお湯が出るのも、急な来客などに対応できるので助かりますものね。

さて、『ウォーターサーバーを置く!』というのは家族会議で決まりましたが、どのメーカーのウォーターサーバーにしましょうか?

一番最初に迷ったのが、ウォーターサーバーのレンタル料が、有料と無料、どちらにしようか…ということ。

パッと見は無料がいいと思いますが、よくよく各メーカーを比較してみると、レンタル料が無料のメーカーは、ボトルが使い捨てのものがほとんどです。

この場合はボトル代も水代に含まれているため、水の単価が少し高くなります。

そしてレンタル料が有料のウォーターサーバーは、ボトルは業者さんが回収してくれ、ボトルは再利用されます。

ボトルは使い回せるため、水にはボトル代が含まれておりません。

なのでこちらは、水の単価が少し安くなりますね。

レンタル料が有料の場合、それにはメンテナンス料も含まれていて、メンテナンスや故障の時は無料で対応してくるメーカーもありますが、
近頃はレンタル料に関係なく、メンテナンスは自腹だったり無料だったりしますので、その辺りは最初に確認しておきたいところですね。

ちなみにメンテナンス料は、500円~1500円ほどです。

さて、ちょっと話がズレましたが、レンタル料の有料・無料の選択基準になるのが、毎月どのくらい水を使うかです。

ウォーターサーバーの水をあまり使わない家庭なら、水が高い、レンタル料無料のサーバーがいいでしょう。

逆に、水を沢山使う家庭なら、水が安い、レンタル料有料のサーバーが長い目で見た時にお得です。

(レンタル料もサーバーによって違うので、その辺りも比較してみたいですね)

そこで我が家に当てはめて考えてみたところ、我が家のウォーターサーバーは災害対策の意味合いもあるため、普段はそれほど使いません。

なのでレンタル料をかける必要もないな…と判断し、レンタル料が無料のウォーターサーバーに決めました。

それともう一つ。
ウォーターサーバーの契約は、一年契約が多いのですが、解約時に解約手数料がかかります。

必ず解約手数料がかかるメーカーと、一年契約が切れる1ヶ月前に解約の申請をすると、解約手数料がかからないメーカーがあります。解約手数料についても、きちんとメーカーに聞いておくか、またはメーカーHP《質問:Q&A》などに載っていることが多いので、そこは必ず確認しておきましょう。

近頃は省エネタイプものもあるので、ウォーターサーバーが本当に身近なものになってきました。

金銭的にも実用的にも、自分に合ったウォーターサーバーを選びたいですね。